Q&A

主なQ&A(準備中)

天然酵母

Q1:膨らみが足りないのですが?
A1:原因は、水温管理とイースト投入のタイミングの二つが考えられます。水温管理については、夏場は水に氷を入れ、冬場はぬるま湯を使い、こねあげ温度が28~30℃になるようにしてください。ホームベーカリーを使用され専用のイーストポケットがない場合、イースト投入のタイミングは、こね始めて10~15分後に手動で投入することをお勧めします。なお弊社の天然酵母は、一般のパン酵母と比べて膨らみの量がやや少ない代わり、独特の風味とモチモチ感がありご好評をいただいております。
Q2:天然酵母はグルテンフリーですか?
A2:原材料に小麦が含まれておりますので、グルテンフリー商品ではございません。天然酵母は有機穀物(有機小麦、有機とうもろこし)をえさにして育っているものの、最終的な商品には有機小麦のグルテン成分は残っておりません。

ベーキングパウダー

Q1:原材料のコンスターチは遺伝子組み換えでしょうか?
A1:有機のコンスターチを使用しておりますので、遺伝子組み換えではございません。本商品は、ドイツの「アグラーノ社」より輸入しております。日本でベーキングパウダーは食品添加物に分類されますが、ヨーロッパではオーガニックとして販売されており、本商品は現地でもワンランク上のベーキングパウダーとして絶大な人気があります。
Q2:黒っぽい粒子が混入しているのですが?
A2:ごくまれに、原材料である「有機濃縮ぶどう果汁」の一部が焦げて混入することがございます。原料由来のものですので、品質には全く問題ございません。

喜界島黒糖

Q1:精製時に骨炭を使用していますか?
A1:使用しておりません。骨炭は黒砂糖を脱色して白砂糖を精製する際に使用するもので、本製品は脱色させておりません。
Q2:「特別栽培 喜界島黒糖」と「国産有機黒糖」はどのように違いますか?
A2:特別栽培と有機栽培という栽培方法に違いがございます。特別栽培は、農林水産省で定められている対象農薬の使用回数が慣行栽培品(一般的な栽培)の50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下で栽培された農産物です。有機栽培の条件はさらに厳しく、指定の農薬しか使用できません。「国産有機黒糖」の原料であるサトウキビは、有機JAS法に基づいて生産された農産物です。一定の農場(農林水産省認定の認定機関に届け出が必要)で3年以上、無農薬・無化学肥料で栽培することが最低条件となっており、毎年審査があります。
味や触感・口どけは、ほとんど同じです。ただしサトウキビは生育場所によって若干の味の差がでますので、厳密にまったく同じではありません。